So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

とことんまで思い詰める、思い悩むこと [鬱対策]



今の自分は少なくとも最悪の時期は脱していて、だからこそこうしたことを書けるのかもしれませんが、自分にとって最悪だった時期に「とことん悩む」「思い詰める」経験は、今になって生きてきているような気がしています

今思うと、精神的に参っていた時期、朝の通勤電車の中で満員の中、うずくまってしまい、はいてしまうようなことも多々ありました。(このあと1ヶ月ぐらいで会社を辞めることになるのですが、その直前、一番ひどい状態のときのことです。)朝とにかく起きあがることが出来ずに、会社に行けないような日もあり、運良く起きれたとしても、電車のなかでこのありさま・・・・とにかく、「楽になりたい・・・」「解放されたい」「終わりにしたい」とばかりおもっていました

誤解を恐れず書けば、電車がホームに入るたびに飛び込みたくなる衝動に駆られることがありました。うまく説明できないのですが、死にたいという思いとは少し違っていて「終わりにしたい」というような感覚でしょうか。とにかく決して死にたいとは思っていないはずなのに、自分でも不思議な感覚でした。

ただこのように思い詰めたこと、悩んだこと、それに疲れて「解放されたい」と思うようになったこと、すべてが非常に重苦しく、長く長く不安でつらい日日でしたが、ある時ちょっとしたことから考え方に変化が起こったのです。

私はプロテスタント系バプティスト教会のクリスチャン(と書くのもおこがましいほどあまり教会には行っていないのですが・・・)、そこの牧師さんにこういわれたことがあります。「楽になって、神様のもとでお仕えするのもいいじゃないですか」と。これだけ聞くと無責任な牧師さんだと思いそうですが、「でもどうせ神様にお仕えするためにあなたの命を捧げるのであれば、その前に現世で1つだけでも人にため、家族のため、恋人のためになることをやられたらどうですか?たった1つ、たった1回でもいいです。」と言われたのです。

この時、私もすぐには牧師さんの言っている意味がわかったわけではないと思います。けれども何か真っ暗闇のなかに少しだけ光が差したような感覚があったのです。

今考えてみると、この時の微妙な感覚、すなわち「どうせいつか(少なくとも30年ぐらいで)死ぬんだから、すぐに楽になれるんだから、1日ぐらいどうってことない。(たとえば)親のために1つだけこれこれをやってあげるか・・・」「今日1日、とにかくまあ何とかやりすごして見るか」「今日1日、気がついたら終わっていたな」・・・その日暮らしじゃないですけど、1日1日単位でものごとを見れるようになっているのです

これが良いことなのかどうかわかりません。ただ私にとっては気が楽になった思考の転換の1つでした。今日1日どうにかなればいいじゃないか、「楽になりたい」とかくだらないこと考えているんだったら、まあすぐに楽になれるんだからその前に1つでも親孝行しよう・・・とか何か視野が狭いような気もしますが、逆に遠くを見ない分、先を見通さない分、楽になった気がします。

自律神経失調症や鬱症状の人は人一倍心配性の人が多いのではないでしょうか。私はその典型でした。その分、先を見すぎる、そして不安になるの繰り返し・・・・それを脱するきっかけを与えてくれました。しかしながら、これも、やはり深く深く悩んでいたからこそ気づくことの出来たこと、意味の理解できたことだと思っています。ですから決して、悩み思い詰めることが悪いことだとは思いません。

しかしながら今このような事を書いても、今現在、鬱症状のひどい人には決して届かないかもしれません。こうした方々は真っ暗な、一筋の光も見えない暗闇を歩んでらっしゃるかもしれません。その時はそう思うのです、先を見過ぎるから、遠くを見つめすぎていて真っ暗に見えているのかもしれません。私は少しだけ「足下」を見るようにしたら、希望が少しだけ見えてきました。足下はしっかりしていたのです。少しずつですけれども自分は前に進んでいたのです。

私は、あのとき悩んだこと、とことん深く思い詰めたこと、人生について考えたこと、「楽になりたい」「終わりにしたい」と思ったこと・・・これらの経験を大切にしています。この時期があったからこそ気づいたことも多いからです。思い詰めてはじめて理解したことも多いからです。自分が強くなったとは思いません。今でも症状が悪くなれば楽になりたいと思うことは当然あります。でも、やり過ごし方がわかった気がするのです。悪く言えば現実から目を背けているのかもしれませんが、少なくとも今日1日をやり過ごす方法を身につけたのです。1日1日をやり過ごしていると、気がつくと少しだけ好転していることがあるんですよね。その繰り返しかもしれませんが、自分にとっては大きな進歩なのです。

鬱症状で悩んでいらっしゃる方が、同じ考え方を持っているとは思いません。この考え方が合う人と合わない人もいるでしょう。でも少なくもそこまで「思い詰めること」「思い悩むこと」が後々貴重な経験となることは間違いないと思います。だって、この病気じゃないとそこまで真剣に人生と向き合って深く深く考えられないですもん。



ブログランキングに参加しています。ポチッとお願いいたします <(_ _)>
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自律神経失調症へ

nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 1

しかたむらの

いいお話を伺いました。
今が大事ですね。
by しかたむらの (2008-07-02 19:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。